Home > 3.モデルルート > 明石玉子焼

モデルルートのご紹介

明石玉子焼

今では、全国的に有名になった明石名物の「明石玉子焼」はタコ焼きのルーツと言われ、江戸時代の終わり頃から、人々のあいだで親しまれてきました。
小麦粉・じん粉(小麦でん粉のこと)・玉子を溶いた主だねの中に、新鮮な明石ダコを包み込んで、銅板の上でまるいかたちに焼き上げて作ります。
お店によってその“粉”の配合やタコの味わい、だし汁にも個性があります。
そして、さい箸を自由自在にあやつりながら絶妙な焼き加減でひっくり返す技には驚かされます。
焼き上がると鮮やかな紅色のあげ板に乗せられた明石玉子焼はまさに芸術作品のよう。
できたてをソースではなく、三つ葉やねぎを薬味に使った特製だし汁にくぐらせるというシンプルな食べ方で、あっさり風味が魅力です。

明石玉子焼

ページの先頭へ