Home > 3.モデルルート > 東播磨地域のその他のうまいもん数々

おすすめのスポット情報

東播磨地域のその他のうまいもん数々

東播磨にはさまざまな特産品がいっぱい。ぜひ一度味わってみてください。


イカナゴくぎ煮
明石の春の風物詩。小さなイカナゴを醤油で煮込めば美味しいくぎ煮の出来上がり。見た目がクギによく似ているため、このように呼ばれています。

加古川和牛
但馬牛を自然いっぱいの加古川で肥育した「加古川和牛」は細かい霜降りと味の良さが特徴。すき焼きやステーキに最適です。

明石鯛
昔から「明石鯛」の味は有名。明石海峡はエビ・イカナゴなどエサが豊富、早い潮流に揉まれて身が引き締まり独特の風味が育まれます。

焼きあなご
活きのいいあなごを手早く開いて焼き上げる「焼きあなご」は、明石・加古川・高砂等の代表的な特産品です。長年培われた職人の技が生み出す味は全国的にも有名です。

いちご
甘くて美味しい東播磨特産のいちごは2月中旬から5月いっぱいが収穫期。春を告げる使者として全国各地に出荷されます。

干しダコ
明石・播磨はタコの名産地。シーズンともなると漁港で干しダコが風にゆれる姿を見ることができ、とてもユーモラスな風景が広がります。

たこめし
瀬戸内海の豊かな自然に育まれた干しダコが材料。醤油などで戻したタコを炊き込みご飯にすれば、潮の香たっぷりのたこめしの出来上がりです。

海苔
明石・播磨は海苔の生産量が日本一を誇ります。パリッとした歯切れのよさと香ばしさ、艶のよさは質の良い極上品の証明です。

かしわ餅
「かしわ餅」は一願成就の神で知られる鹿嶋神社の参道で売られる名物。かしわ葉がもつ香りと、ほどよい甘さのあんが上品なおいしさを生み出しています。

万葉の香(米)
稲美町の米農家が手塩にかけて育てた町内産キヌヒカリ「万葉の香」はふっくらした炊きあがり自慢の逸品です。

いなみトマト
自然あふれる稲美町で太陽をいっぱい浴びて育った「いなみトマト」はみずみずしくたっぷりのコクでサラダに最適。ぜひご家庭でどうぞ。

たべてみそ(味噌)
稲美町で栽培されている大豆を熟成させて生まれたのが「たべてみそ」です。手づくりならではのコクと香りが食卓いっぱいに広がります。

いなみ野メロン
稲美町は県内随一のメロンの産地。そこで栽培される「いなみ野メロン」は味・糖度が抜群の折り紙付き。贈答品として全国に出荷されています。

天満いちごジャム
稲美町特産の完熟いちごから生まれたのが「天満いちごジャム」です。ほどよい甘さとコクは朝の食卓を彩ります。

米パン
稲美町のお米と女性の知恵から生まれた「米パン」はお米が持つ独特の香ばしさと、もっちり感が年齢を問わず多くの人に大好評です。

いなみ野豆ごはん
「いなみ野豆ごはん」は御飯に混ぜるだけで簡単に豆ごはんができる大豆ごはんの素。体にいいヘルシー食品として人気を集めています。

鹿児の華米
「鹿児の華米」は豊かな加古川の水を利用して生まれた加古川ブランド米です。農家が丹念に育てた大地の恵みをぜひ味わってみてはいかが。

地酒
昔から東播磨周辺はうまい地酒の産地として知られています。独特な香りと芳醇な味は銘酒の証として多くの人々に愛飲されています。

地域の名品・名所も見る

特産品についてのお問い合わせ

  • 明石観光協会 電話:078-918-5080
  • 加古川観光協会 電話:079-427-9720
  • 高砂市観光協会 電話:079-443-0500
  • 明石商工会議所 電話:078-911-1331
  • 加古川商工会議所 電話:079-424-3355
  • 高砂商工会議所 電話:079-443-0500
  • 稲美町商工会 電話:079-492-0200
  • 播磨町商工会 電話:079-435-1630

ページの先頭へ