ぜんらくじ(かいこういん、えんじゅいん)
善楽寺(戒光院、円珠院)

明石で一番古い寺とされ、円珠院には、宮本武蔵が作庭したといわれる枯山水の庭園があります。

善楽寺とは、戒光院・実相院・円珠院の総称で平安時代末期には七堂伽藍がそびえる大寺院でした。
円珠院:剣豪・宮本武蔵が作庭したといわれる枯山水の庭園があります。戒光院:寺伝によると、大化年中(645から650年)法道仙人によって創建され、明石で一番古い寺と伝えられています。光源氏ゆかりの地で、「明石入道・浜の館」があったとされ、明石入道の碑、「光源氏古跡明石浦の浜の松」の石碑があります。平清盛の供養塔といわれる石造五輪塔もあります。
住所
〒673-0897
兵庫県明石市大観町11
電話
明石観光協会 078-918-5080
交通
JR神戸線「明石駅」より神姫バス「大観橋」下車すぐ