こうしょくじ
光触寺

源氏の武将・佐々木秀義の五男、義晴が建立したといわれている寺院

義晴は、平家方について源氏と戦い、石橋山の戦いでは肉親同士の争いとなりました。
平家が滅亡して捕えられ鎌倉へ連れていかれましたが、兄・佐々木高継の宇治川の先陣争いの戦功などによって助命され、その後仏門に入り諸国を巡る旅に出ました。
旅の途中大窪の地で一夜の宿をとり、仏の道を説いていたところ多くの村人が集まり、この地に寺院を建てたのが始まりと伝えられています。
住所
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪1213
電話
明石観光協会 078-918-5080
交通
神姫バス「大窪宮前」下車、徒歩7分