きょうしんじ
教信寺

天台宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。平安時代前期の僧、沙弥教信がこの野口に庵をつくりました。春には、満開の桜が境内を彩ります。

念仏を唱えながら仏の教えを説き、お百姓の手伝をし、わらじを作って貧しい人に与えたり、旅をするお年寄りの荷物を運んだりして、大勢の人を助けたことから「荷送り上人」や「阿弥陀丸」とも呼ばれました。庶民仏教の普及に努めた庵跡に建てたのが教信寺です。境内の左手奥に教信上人廟があります。春には、満開の桜が境内を彩ります。
住所
〒675-0012
兵庫県加古川市野口町野口465
電話
教信寺 079-422-7189
交通
神姫バスJR神戸線加古川駅前発(東加古川駅行き)
「野口」バス停下車
公式サイト
http://www.bekkoame.ne.jp/~housenin/link32.html