ぞうごうのたなだ
雑郷の棚田

5、6段の棚田があり、手入れされた畦道が山裾まで続きます。耳を澄ますと水のせせらぎの音が聞こえます。

姫路市との市境近くで山陽自動車道の高架橋をくぐり、池のほとりを山裾に沿って進むと静かな山里の入り口です。さほど遠くない向かいの山裾には5、6段の棚田があります。奥まで進めばアスファルト舗装は途切れ、手入れされた畦道が山裾まで続きます。棚田への日当たりを確保するため、山裾の木々は間引かれ、伐採されています。耳を澄ますと水のせせらぎの音が聞こえます。バス停から少し距離がありますが、駐車スペースはありませんので、マナーを守り、ウォーキングを楽しみましょう。
電話
加古川市商工労政課 079-424-2190