かんのんじ
観音寺(志方城跡)

曹洞宗の寺院で本尊は観世音菩薩です。
観音寺の付近一帯は志方城跡です。
城の規模は現在の観音寺の境内を本丸とし、本丸を囲む内堀の周囲に二の丸(志方小学校所在のあたり)西の丸(旧志方町役場所在のあたり)とかなりの規模の城であったようです。
志方城は天正6年(1578)秀吉の播磨攻めにより落城しました。

戦国時代の軍師 黒田官兵衛の妻・光(てる/幸圓・こうえん)が生まれた櫛橋家の居城志方城は、現在の観音寺としてその風情を残しています。
住所
〒675-0321
加古川市志方町志方町720
電話
079-452-2370
交通
神姫バス「志方西口」
加古川駅前5番のりば/宝殿駅北口から約10分