しょうみょうじ
称名寺(加古川城跡)

境内にいちょうの大木がある加古川城跡の寺院 称名寺 真言宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。寺の付近一帯は加古川城跡です。

天正5年(1­577)太閤秀吉が糟屋の館へ立ち寄った折、当時の城主加須屋助右衛門は秀吉について­小姓頭となり、賎ヶ嶽七本槍(しずがたけしちほんやり)の一人として武名をあげました­。境内には地人が憐れんで建てた南北朝時代の7人の武者の七騎供養塔があります。山門­を入るといちょうの大木があり、昔から加古川の町の目印でした。
ちょっとワンポイント 武士の忠義を今に伝える「七騎顕彰碑」
境内には、七騎顕彰碑と呼ばれる供養塔があります。これは南北朝時代、出雲守塩冶高貞­が加古川で追手に襲われた際、主君を守ろうとして奮死した従臣七名を供養するため建て­られたものです。後に塩冶高貞は、人形浄瑠璃等の代表的な演目「仮名手本忠臣蔵」に登­場する塩冶判官のモデルとして取り上げられ、忠義話として紹介されました。
住所
〒675-0037
兵庫県加古川市加古川町本町313
電話
称名寺 079-422-2262