なかにしはいじ
中西廃寺

西神吉町中西にある寺の跡で、出土する古瓦から白鳳時代のものだといわれています。

遺構として巨大な塔の心礎が残されています。弘法大師が杖でついたところ、突然きれいな水が湧いてきたと言われる「石井の清水」がすぐ近くにあり、この井戸枠に中西廃寺の石造りの露盤と刹(さつ)が使われています。
住所
〒675-0043
兵庫県加古川市西神吉町中西221-1
電話
加古川市商工労政課 079-424-2190