ささきすぐるせいいくのち
佐々木すぐる生育の地

童謡「月の砂漠」の作曲者として知られる佐々木すぐるの碑が、正蓮寺に建てられています。

私たちに馴染みの深い童謡「月の砂漠」や「お山の杉の子」「青い鳥」を作曲した佐々木すぐるは、明治25年に阿弥陀町魚橋に生まれ、阿弥陀尋常小学校、姫路師範学校を卒業。しばらく郷里の小学校で教鞭をとった後、援助を得て東京音楽学校(現東京芸大)に入学。卒業後、浜松師範学校の教諭になったが、大正11年に作曲家を志して上京、翌年「月の砂漠」を作曲して童謡作曲家としての地位を確立した。作曲のほか、青い鳥児童合唱団を主宰するなど、一生を音楽活動に捧げ、その功績には特筆するものがあります。現在正蓮寺に彼の功績を称える碑が建っています。
住所
〒676-0822
兵庫県高砂市阿弥陀町魚橋1674
電話
高砂市観光協会 079-443-0500
高砂市役所産業振興課 079-443-9030