かんとうしょ
観濤処

加茂山の中腹にある巨岩に「観濤処」の文字を刻んだ碑石で、播磨灘を眺望できます。

生石神社の南、加茂山の中腹にある巨岩に「観濤処」の文字を刻んだ碑石で、永根文峰が書いたものを当時の姫路藩主、河合寸翁が刻ませ、天保7年(1836年)に完成したものです。ここからの眺めは素晴らしく、播磨灘を一望することができます。
電話
高砂市観光協会 079-443-0500
高砂市産業振興課 079-443-9030