てんまじんじゃ
天満神社

毎年10月体育の日の前の日曜日の祭りは、神輿を大池に浮沈させて豊作を祈る祭りとして有名です。

祭神は、菅原道真、弁財天、池大明神で、むかし、菅原道真公がこの地に立ち寄られたという話が残っています。室町時代の天神曼荼羅が町指定文化財で、社殿の裏の杉の切株に、羽柴秀吉の社殿取り壊しを中止させた「大蛇の話」が残っています。毎年10月体育の日の前の日曜日の祭りは、神輿を大池に浮沈させて豊作を祈る祭りとして有名です。
住所
〒675-1114
兵庫県加古郡稲美町国安538
電話
天満神社 079-492-0741
交通
JR神戸線「土山駅」より神姫バス「国安」下車、徒歩約2分