あたごづかこふん
愛宕塚古墳

播磨町唯一の古墳時代中期の周壕を備えた円墳

今から1500年前につくられた古墳は、墳頂部に愛宕権現の祠がまつられているいることにその名が由来しています。古墳からは、かつて海がみえ、この沖を支配していた豪族の墓と考えられています。また、壺形埴輪が出土したことなどにより県指定文化財となっています。
住所
〒675-0158
兵庫県加古郡播磨町北野添2丁目9番
交通
JR神戸線「土山駅」から車で約5分