いまざとでんべいひ
今里傳兵衛碑

「新井開削の父」と称される今里傳兵衛の記念碑

今里傳兵衛は、1656年、干ばつによる水不足を解消するため、今の加古川大堰(加古川市神野)から播磨町古宮の大池までの全長約14キロメートルにおよぶ用水路を開通させました。ほとんど高低差がなく工事は困難を極め、当時の技術のすばらしさは今でも高い評価を得ています。
住所
〒675-0154
兵庫県加古郡播磨町東本荘1丁目5番
電話
播磨町郷土資料館 079-435-5000
交通
山陽電鉄「播磨町駅」下車、徒歩5分