Home > トピックス・新着情報 > 1.明石 > 外国人留学生の方を、酒米の稲刈り体験と酒造見学に招待しました。

トピックス

外国人留学生の方を、酒米の稲刈り体験と酒造見学に招待しました。

外国人モニターツアー2

東播磨地域への外国人観光客の誘客促進を図るため、モニターツアーとして、明石高専の短期留学生の方を招待し、秋晴れの好天のもと、酒米の田んぼの稲刈り体験と酒蔵見学をさせていただきました。
まず、東江井地区営農組合の方より、マメ科の植物「ヘアリーベッチ」を肥料に、化学肥料、化学農薬の使用を減らした「ヘアリーベッチ米」づくりに取り組んでおられる状況について説明を受けました。
1449818963.jpg
機械刈りの前に、四スミを鎌を使って手刈りしていきます。鎌は使ったことがないという人がほとんどでしたが、説明を受けたとおりに、とてもスムーズにできていました。
1449818929.jpg
続いて機械刈りの様子を見学しました。コンバインで端から中央にかけてだんだんと刈りとっていく作業や、刈りとった籾をトラックへ積み込んでいく様子など、興味深く見せていただきました。
1449819035.jpg
お昼には明石名物「あかし玉子焼」を食べました。今回、インドネシアとシンガポールからの留学生でしたが、皆さんタコはOKでした。ただ、特色ある薄味のお出汁のところ、大量の一味を加えたり、アレンジする方もありました。
1449818969.jpg
再び江井ヶ島に戻って、酒蔵を見学させていただきました。古い酒蔵や建物は興味深かったようで、「酒造りは何人でしているんですか?」「酒造りで一番大変なことは何ですか?」といった質問も出ていました。
1449818951.jpg


ページの先頭へ